Vol.42「噴水効果」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

噴水効果とは、

デパートや百貨店などで

お客様を下から上えと誘導するために

つかわれている戦略の一つです。

 

例えば、

あなたは出先でトイレに行きたくなったとき

近くにデパートや百貨店がないか探して

化粧室を利用するためだけに入った経験はありませんか?

 

しかし、

早く化粧室に行きたいのに

1階で化粧室を探しても見つからず

フロアマップを見てみると

化粧室が、2階や3階にあって

わざわざ上の階まで上るはめになった・・・

なんてこともあったかと思います。

 

実は、

デパートや百貨店の多くは

意図的に、1階に化粧室を設けていないのです。

 

噴水効果を利用して

お客様をわざわざ、2階や3階に足を運ばせ

滞在時間を長くし、そのついでに

店内の商品を見てもらい

あわよくば、何か商品を買ってもらおう

という戦略なのです。

 

他にも、

噴水効果を利用した戦略の一つに

デパートや百貨店の1階には

化粧品フロアを設け

地下には、食品フロアを設けています。

 

1階に化粧品フロア

地下に食品フロアを設けている

戦略の目的としては…

Vol.41「親近効果」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

今回は、

親近効果についてお話していきます。

 

親近効果とは、

最後に提示された情報は強く印象に残る、

判断の直前に出された情報に強く影響をうける、

といった心理現象のことです。

 

例えば、

プロが選ぶ日本の旅館百選で

20年以上ずっと1位を獲得している

石川県の「加賀屋」さんは

お出迎えの際に、

従業員総出でお出迎えをします。

 

加賀屋さんの

お出迎えはお客様に強いインパクトを与えますが

加賀屋さんがお客様に選ばれる

他とは違うもっとすごいところは

お見送りにあります。

 

どういったお見送りをするのかというと

ふつうは、接客の素晴らしいお店でも

せいぜい旅館の外までのお見送りになりますが、

加賀屋さんの場合は、

お客様が乗る、電車の中まで荷物を持っていき

お見送りをするそうです。

 

さすがに、ここまでお見送りをする

旅館やホテルなどは他にないでしょう。

 

だから、

お客様には別れ際の印象が強く残り

お客様の満足度が上がるのです。

 

この、

お見送り、別れ際の印象が

親近効果なのです。

 

前回お話しした

初頭効果とは、お出迎えの印象になり

今回の、

親近効果とは、お見送りになるのです。

 

では、この

初頭効果と親近効果を

効果的に上手く使い分けるには

どのようにしていったらよいのでしょうか?

 

Vol.40「初頭効果」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

人は、第一印象が大事だと言われています。

 

第一印象と言っても色々あり、

見た目では、

髪形や服装、体系、などの見た目の印象。

それから、

挨拶を交わした際の

声のトーンや、身振り、顔の表情などがあります。

 

これら、第一印象は

出会って、1秒~7秒の間で決まる

と言われています。

で、一度もたれたイメージは長くもたれる傾向があり

その第一印象のイメージを変えるのは難しいのです。

 

これは、実際にお会いした時だけに限らず

あなたが友達や、パートナーなどを

他の人に紹介する際にも

この初頭効果が働きます。

 

少し考えてください

例えば、

あなたが、仕事でクライアント様に

Aさんという友達を紹介されたとします、

その時、2つの紹介パターンのうち

どちらの紹介の仕方のほうが、

Aさんに良い印象を持つでしょうか?

 

Aパターン

「Aさんは、短気でめんどくさがりなんです。

けど、優しくて、頼りになる人なんですよ」

 

Bパターン

「Aさんは、優しくて、頼りになる人なんです。

けど、短気でめんどくさがりなところがあるんですよ」

 

AパターンとBパターン

どちらのAさんが印象が良いのでしょうか?

Vol.39「プラシーボ効果」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

プラシーボ効果は一般的に

よく知られている心理効果の一つかと思います。

 

例えば、

実際に病院で使われていることでは、

風邪をひいて具合が悪いです、

という患者さんが訪れた際に

診察して、そんなに重症でなければ

薬ではなく、ビタミン剤を処方して出す

ということをします。

 

しかし、

処方する際は、

ビタミン剤と言って説明するわけではなく

風邪薬として説明をし

「この薬はよく効くので

これを飲めばすぐに治りますよ」

なんて言いながら処方します。

 

すると、

そのビタミン剤をもらった患者さんは

ビタミン剤をよく効く薬だと

思い込まされながら服用します

 

すると、

薬ではなく、ただのビタミン剤を飲んでいただけで

風邪がすぐに治ってしまった、

なんて事例がたくさんあります。

 

プラシーボ効果を使うことにより

人は、精神的な安定、安心感が与えられ

回復に向かう傾向が強くなるのです。

 

ですから、医療の現場では

プラシーボ効果を、

風邪だけに限らず、あらゆる病気や症状の際に

使われることがあります。

 

では、

プラシーボ効果を

ビジネスの現場でどのように

活用していけばよいのでしょうか?

 

Vol.38「サブリミナル効果」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

今からお話しすることは、

アメリカで実際に行われた実験で

人の潜在意識に働きかけ

映画館のあるモノの売上を劇的に変化させた

心理誘導の話です。

 

その実験は

映画を観に来た人たちを対象に、

来場者には実験を行うことは何も伝えず

映画が始まる前のCMにある細工を施し行いました。

 

そして、そのある実験を行ったことにより

CMを観た人たちの行動が明らかに変化し

映画館のあるモノの売上が劇的に変わったのです。

 

その、あるモノとは、

「コーラ」と「ポップコーン」です。

 

映画と言ったら

飲み物とポップコーンは定番の組み合わせですが、

その定番商品の売上をさらに劇的に上げられたのは

人間の潜在意識を利用したからです。

 

映画を観に来た人たちは

CMを観ることにより、無意識レベルで洗脳され、

コーラとポップコーンを買うように

操られてしまい

いつもなら買わないはずの人も

コーラとポップコーンを

買わずにはいられなくなってしまったわけです。

 

では、

映画を観ていた人たちは

どのように無意識レベルで操られ

コーラとポップコーンを買ってしまったのでしょうか?

 

Vol.37「スリーパー効果」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

スリーパー効果はご存知ですか?

仮眠効果、居眠り効果とも言わ


れています。

 

スリーパー効果とは、

相手が信頼できる人物であるかどうかで

信憑性が変わり、その信憑性は時間の経過とともに

薄れていく現象のことをいいます。

 

信頼できる人物が言ったことは信じやすく

信頼できない人物が言ったことは信じられない、

しかしそれは、時間の経過とともに

内容と人物の記憶が分かれ

信頼できる人物から聞いた情報は

聞いた直後から時間の経過とともに説得力が薄れていき

信頼できない人物から聞いた情報は

時間の経過とともに説得力が高まっていくのです。

 

人は何かを説得されるとき

「内容」と「説得者の信頼性」で判断をしているのです。

 

例えば、

説得している人物が

「権威のある人」や「専門家の人」、

医師や政治家や弁護士、その分野の著名人など

信頼のおける相手が説得者であれば

説得を受け入れてしまうのです。

 

では、

具体的に、ビジネスや日常では

どのようにスリーパー効果が使われているのか?

 

それでは音声をお聞きください!

 

 

 

Vol.36「カリギュラの法則」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

「カリギュラの法則」と聞いても

いまいちピンとこない方が多いのではないでしょうか。

 

簡単に説明しますと、

人は、禁止されることにより

かえって禁止されたことをやりたくなってしまう

ということです。

 

例えば、

童話、鶴の恩返しでは

おじいさんに助けられた鶴が

おじいさんに恩返しをするため

人間の姿となって現れ

夜になると、おじいさんに

「絶対に部屋をのぞかないでください」

といい、部屋にこもり、鶴の姿にもどって

おじいさんの為に、夜な夜な

はた織りをしていました。

 

覗かないでと言われたおじいさんは

数日は我慢していたのですが

ある日、おじいさんは我慢ができなくなり

とうとう約束を破り、部屋を覗いてしまったのです。

 

この童話からわかるように、

覗かないで、と言われると

かえって覗きたくなってしまうのが人の心理なのです。

 

昔から人の心理というものは

変わらないのなのですね。

 

では、

このカリギュラの法則を

どのようにビジネスに活かしていけばよいのか?

 

どうしたら人は

あなたの思うように行動してくれるようになるのか?

 

Vol.35「フォールス・コンセンサス効果」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

あなたは、

通販番組を見たことありますか?

おそらく、

多くの方は一度は見たことがあるかと思います。

 

通販番組の中で、

「現役医師、100人が推薦する○○」

「100万人の方が愛用している○○」

「顧客満足度98%」

のようなキャッチコピーをよく見かけませんか?

 

それから、

購入者さんの感想が映像で流れて、

「買って良かった!」

「購入前に比べてこんなに変わった!」

「○○に出会えて良かった!」

などと商品を推薦しています。

 

そうすると、

見ている私たちは、

その商品が欲しかったわけでもないのに

見ていたら欲しくなってしまったり、

その商品が、本当に良いものかわからないのに

ものすごくよい商品に思えてきたり、

そんな経験ありませんか?

 

僕は、

通販番組などを見ていると

必要ないものでも、つい欲しくなって

衝動買いをしてしまうことがあります。

 

なぜ、

必要ないようなものや、

欲しかったわけでもないものを

つい買ってしまうような行動をとってしまうのか?

 

そこには、

ある人間心理が働いているのです…

 

Vol.34「カクテルパーティー効果」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

今回は、

カクテルパーティー効果についてお話していきます。

 

カクテルパーティー効果とは、

例えば、

パーティー会場や、クラブ(踊る方)など

大勢の人がいて、音楽が大音量で流れ、

賑やかで、話が聞きとりずらい場所であっても

自分が興味ある、関心のある単語や言葉であれば

聞き取れてしまうという現象のことです。

 

自分に重要なキーワードであったり、

自分の名前などは、自然と耳に入り聞き取れるのです。

 

あなたが、カフェでお茶をしていた時に

たまたま近くでお喋りをしていた人が

会話の中で「あなたの名前」と同じ名前を発言した時

それまで相手の会話が聞こえていなかったにもかかわらず

あなたと同じ名前に反応してしまった、

なんてことは経験ありませんか?

 

これも、カクテルパーティー効果なのです。

 

実はこの、

カクテルパーティー効果は

様々な場面で、ビジネス、マーケティングに

応用され使われているのです。

 

では、マーケティング、ビジネスに応用するには

どのようにしたらよいのか?

Vol.33「ツァイガルニック効果」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

あなたは

「ディアゴスティーニ」ってご存知ですか?

 

TVCMや本屋さんで見かけたことがある、

買ったことがある方も多いかと思います。

 

ディアゴスティーニを説明しますと、

分冊百科がメインの冊子で、

毎号、CDやDVDなどの付録がついていたり、

毎号付録されるパーツを組み上げると

最終的に模型等が出来上がる趣向シリーズなど、

付録自体が商品構成のメインとなるシリーズもあります。

 

このディアゴスティーニなのですが

イタリアに本社があり、

世界33ヵ国で発売されていて、

各国のによって、タイトルの企画が違い

その国の時流に合わせた立案、発刊をしています。

 

日本では30年前から発売されており

今なお人気の冊子になります。

 

なぜ、分冊百科という、

一見、ニーズのなさそうな本が

30年も売れ続け、多くのファンに愛されているのでしょうか?

 

そこには、

ディアゴスティーニが

人間心理を理解し、上手く利用している

ある、秘密があります。

 

その、「ある」秘密とは?