Vol.13「大切なのは関係性」

ビジネスにおいても

プライベートにおいても

大切なのは「関係性」で

コミュニケーションの目的は

「信頼」を得ることです。

 

人はモノやサービスを買っているのではなく

そのモノやサービスを通じて

情緒的な感情、理由を求めています。

 

たとえば、

「何を買うか」ではなく「誰から買うか」

「何を食べるか」ではなく「誰と食べるか」

というように、

モノではなく、感情、理由を求めているのです。

 

しかし、お客様は

どの商品、サービスを買えば

その感情が得られるのかがわからないので

判断基準を求めているのです。

 

人は、特別な人の言葉を信じ、

特別な人からの情報を信じます。

 

ですから、

その特別な人からの情報が

「判断基準」となるのです。

 

では、

相手にとって特別な存在になる為に

何が必要になるのか?