Vol.17「信頼関係の構築」

以前にもお伝えしましたが、

コミュニケーションとは

キャッチボールのようなもので

ボールの受け渡しをしながら

相手を分析をしていきます。

 

その目的は、

信頼関係を構築していく事です。

 

信頼関係さえ構築できれば

あなたの要望は相手に受け入れられやすくなりますが、

逆に、信頼関係が構築できていなければ

どんな言葉も跳ね返されてしまいます。

 

たとえあなたが正しい事を言っていても

信頼関係ができていないと

一切受け入れてもらえません。

 

僕のクライアントさんに伺ったお話しで

興味深いお話しがありました。

 

その方の息子さんは

受験を間近に控えていたのにもかかわらず

まったく勉強をする気配がなかったので

親として心配になり

「早く勉強しなさい」

と、言うんだけど、

それでもぜんぜん勉強をする気配がありませんでした。

 

しかし、

あれだけ勉強をしろと言っても勉強をしなかった

息子さんが、ある日突然

机に向かって猛勉強を始めたのです。

 

ご両親は、

息子さんの変貌に驚き、

「なんで急に勉強をはじめたのか?」

と息子さんに尋ねてみたところ

息子さんから意外な言葉が返ってきたのです。

 

その、意外な言葉とは・・・・・