Vol.18「RASとは何か?」

「RAS?」

この言葉を聞いて、

おそらく多くの方は初めて聞いた、

聞きなれない言葉かと思います。

 

以前、ラポールというキーワードが

出てきたのを覚えていらっしゃいますか?

 

人は、What(何)で判断されるのではなく

誰から「from Who」によって

その商品、サービス、コンテンツを

受け入れることをジャッジしています。

 

その、ジャッジをする門番が

「RAS」になります。

 

人は誰でも

「騙されたくない」

「失敗したくない」

という心理から、慎重になる結果

なかなか相手を受け入れることができません。

 

この、相手を受け入れない、

まずは疑う、信用しないところから入る心理こそが

RASの仕組みになります。

 

しかし、子供の場合は逆で

子供は、まずは信頼から入ります。

 

それが、

成長していく過程で、

嘘をつかれたり、騙されたり

いろんな苦い経験をしていく中で

100%人を信用、信頼することが

できなくなってしまうのです。

 

そして、いつしか人を信用、信頼しなくなり、

まずは、疑ったり、慎重になったりします。

 

これが、RASの働きになります。

 

人は、RASが閉じている状態では

あなたの言葉、情報などを受け入れようとはしません。

 

相手のRASが開かれて

初めてあなたの言葉、情報を

受け入れてくれるようになるのです。

 

では、

どうしたら相手のRASを開かせ

あなたの事を受け入れ、

信頼してくれるようになるのか?