Vol.28「誘導」

 

コミュニケーションスキルについては

最後のスキルになります。

 

「誘導」と聞いて

あなたはどう感じますか?

 

騙された、操られた、やらされた・・・

など、自ら選んでとった行動ではなく

相手優先でとらされた行動のようで

良い感じはしないのではないでしょうか。

 

例えば、

部屋が汚れてるから掃除して、

この商品すごくいいから、是非買ってください

と言われると

自ら選んで行動したことではないですよね。

 

この場合だと、

相手によって誘導され

行動させられてることになります。

 

そうすると、

相手にやらされた感がうまれ

この人は、

私に買わせるために仲良くしてたんじゃないか、

私にやらせるために近づいて来たんじゃないか

と、不快に感じたり、不信感を覚えるようになります。

 

詐欺師なんかはその典型的で

しれっと近寄ってきて、仲良くなって

壺や絵画などをありえない金額で買わせるわけです。

 

近寄ってきたときはわからなくても

いざ何かを売られたときにはじめて

「あ、これを売るために近づいてきたのか」

と、やられた感が出てくるのです。

 

しかし、

「誘導」といっても

悪い印象ばかりではありません。

 

誘導の仕方によっては

相手に不快な思いをさせずに

自ら選んで行動するようになるのです。

 

それが、商品を買ってもらいたいときでも

掃除をしてもらいたいときでも

相手が自らその行動をしたいと思うようになるのです。

 

そうすれば、

お互い不快にならずに

コミュニケーションがとれるようになるのです。

 

その誘導の方法とは・・・・?