Vol.47「自己正当化」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

ルイ・ヴィトンの鞄

グッチの財布

エルメスのスカーフ

ロレックスの時計 ・・・・

 

あなたは、

高級ブランドと呼ばれる

ブランド品は持っていますか?

 

持っている方は、

なぜその高級ブランド品を

購入しようと思ったのですか?

 

・デザインが良かった

・素材が良く、しかっかりしている

・有名人が持っていた

・誰もが知っている高級ブランドで、信頼できる

・見栄をはりたかった

 

などなど、

いろいろと理由は出てくるかと思います。

 

しかし、

高級ブランドのように高価なものでなくても

デザインが良いものはありますし、

似たようなデザインや物が

1000円以下で買えるものもあります。

さらに、

高級ブランド品と同じ素材を使っていても

10分の1の値段で買えるものもあります。

 

では、

なぜ、1000円以下でも買える

財布や鞄、洋服や時計があるにも関わらず

10倍、100倍、それ以上もする

高級ブランド品を買う人がいるのか?

 

そこには、

ある人間心理をうまく利用した

ブランド戦略があったのです・・・

 

Vol.46「ピグマリオン効果」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

あなたは、

友達や彼女・彼、会社の上司などに

「いつもポジティブで一緒にいると元気が出るよ!」とか

「○○くん(ちゃん)って本当に優しくて大好き!」とか

「いつも仕事頑張ってるね!君を期待してるよ!」など

褒められたり、期待されたりされたことはないでしょうか?

 

たとえ、本当の自分が

褒められたり、期待されたりされてるような人間ではない

と思っていても、

褒められたり、期待されると

相手の期待に応えよう、相手の理想の自分になろうと

自然と努力したり、言われた言葉を気にかけて行動したりしませんか?

 

例えば、

付き合い始めたときは

それほど理想の彼氏、彼女ではなかったとしても

好きな人と長く付き合っていたり

好きな人と長く夫婦でいると

いつの間にか自分の理想の相手になっていたり、

自分が相手の理想の人になっていたり、

お互いが似てきたりすることがあります。

 

これは、お互いが相手の理想に近づこうと

自然と行動をとっていたり、

自分が思う理想のタイプが

実は自分に似ていたりすることがあるからなのです。

 

このように、

相手に期待されたり、褒められたりすると

人は期待された通りの結果を出す傾向があることを

「ピグマリオン効果」

といいます。

 

ピグマリオン効果は、

学習や恋愛、マーケティングなどにも活用することができます。

 

どのようなときに活用しているのでしょうか?

 

 

 

 

Vol.45「アフォーダンス理論」

 

こんにちは、

セルフマネジメントプロデューサーの

斉藤です。

 

先日、ドラマを見ていて

面白い実験シーンがあったので

シェアさせていただきます。

 

あなたは、

外出時に駅やデパートなどで

トイレに行かれたことはあるかと思います。

 

そこで、

駅やデパートなどのトイレの

標識、マーク、色を思い浮かべてください。

 

女性用トイレの標識は、

「スカートをはいた女性のマークで赤色」をしていて、

男性用トイレの標識は、

「ズボンをはいた男性のマークで青色」をしています。

 

どこのトイレに行っても

同じマークで、同じ色をしていると思います。

 

ですから、

あなたはトイレの標識をしっかりと確認しなくても

青色は男性、赤色は女性と認識をしているので

おそらく、あなたは

無意識に色で確認して、トイレに入っていくのではないでしょうか?

 

一般的にはこれが当たり前の行動だと思います。

 

では、

何らかの理由で

男性用トイレのマークが赤色で

女性用トイレのマークが青色になっていたとしたら

あなたは間違えずにトイレに入れるでしょうか?

 

ドラマの中では、

トイレのマークの色だけを、

男女入れ替えました。

 

そしたら、人は当たり前のように

男女間違えたトイレの方に入って行ってしまったのです。

 

それどころか、

間違えた事にも気が付かずに

出てきた人もいました。

 

人間の脳は不思議なもので、

自分が当たり前に思っていること、固定観念には

なんの疑問も持たずに行動してしまうものなのです。

 

この人間心理が

「アフォーダンス理論」と言われているのです。

 

ドラマでは、実験の一つとして行っていたので

現実社会では、トイレのマークが

男女入れ替わっていることはないと思いますが、

アフォーダンス理論を利用しているものは

多く見られます。

 

では、どのような場面、場所で

アフォーダンス理論が利用されているのか?